眼瞼下垂の治療は美容外科が最適|審美面も重視しよう

レディー

歳のせいではありません

悩む女性

眼瞼下垂とは、まぶたを持ち上げる筋が弱くなり、まぶたが下がる症状です。50代以降の方ですと、まぶたのたるみを年のせいと考えて放置しがちですが、ものが見えづらくなる機能障害です。見た目の老化だけでなく、視野が狭まって生活に支障が出る場合もあります。

もっと読む

まぶたの下垂

目を押さえる人

まぶたを持ち上げる筋肉が衰えて、まぶたが眼球に覆いかぶさってしまうようになることがあります。そのような症状を眼瞼下垂と呼ぶのですが、眼科や形成外科、美容外科で治療を受けることができます。審美面に配慮が行き届いた治療を望んでいる場合は、美容外科を利用するのがおすすめです。

もっと読む

瞼を上げてぱっちり目に

看護師

加齢やコンタクトを日常的に使っている場合などに、瞼が下に下がってくる症状を眼瞼下垂と言います。このせいで視界が狭くなり、眠たかったり元気のない印象をもたれてしまいます。この眼瞼下垂は美容外科で治療をしていくことができるので、これで瞼が引き上げられてはっきりとした目元に変われます。

もっと読む

美容整形外科がおすすめ

目

物を見る際にアゴを上げ下げして見る人や、こちらを振り返る際に目を大きく見開いて振り返る人を見かけることがあります。一見するとその人のクセのようなものと思ってしまいますが、このような特徴は眼瞼下垂の症状が影響していることがあります。眼瞼下垂とは一般的にあまり聞きなれない言葉ですが、一言で説明するなら瞼が垂れ下がって視界をふさいでしまう症状のことです。眼瞼下垂には先天性のものと後天性のものがあります。先天性の場合には学校での眼科検診などで医師から指摘されることから、眼瞼下垂を自覚することができますが、後天性の場合には大人になってから事故や加齢などを原因として発症するため本人が自覚していない場合もあります。

眼瞼下垂の症状は時間とともに進行します。眼瞼下垂の症状が時間とともに進行する理由は、瞼を支えている筋肉(眼瞼挙筋)が弱くなることがこの症状の原因だからです。眼瞼下垂が進行すると物が見にくくなってくるなどの症状のほかに、目の端が垂れ下がったような状態になることから審美上の問題も出てきます。眼瞼下垂の症状で悩んでいる方は美容整形外科で診察を受けましょう。眼瞼下垂は手術を行うことで症状を改善することができます。手術を行えば腫れぼたかったり瞼の垂れ下がりによって細く見えた目も、パッチリと明るい目元にすることができます。手術ではメスを使用する切開法と医療用の極細糸を使用する埋没法などの手法が、メインとなっています。美容整形外科では両目のバランスや顔全体とのバランスを調整するなど、審美面を重視しながら手術を行っています。眼瞼下垂の手術を眼科でも行っていますが、審美面も含めたトータルな仕上がりを期待するのであれば美容整形外科で手術を行った方がよいでしょう。